ルイヴィトン
null
ルイヴィトン N62665 ダミエ・グラフィット ポルトフォイユ・ブラザ [並行輸入品]
__68,04000
ルイヴィトン N62665 ダミエ・グラフィット ポルトフォイユ・ブラザ [並行輸入品] 
(ルイヴィトン) LOUIS VUITTON ルイヴィトン ポーチ LOUIS VUITTON N58009 ダミエ ミニ・ポシェット・アクセソワール クラッチバッグ[並行輸入品]
__42,80000
(ルイヴィトン) LOUIS VUITTON ルイヴィトン ポーチ LOUIS VUITTON N58009 ダミエ ミニ・ポシェット・アクセソワール クラッチバッグ[並行輸入品] 
ルイ・ヴィトン シティバッグ ナチュラル・ヒストリー
__9,50400
ルイ・ヴィトン シティバッグ ナチュラル・ヒストリー 
ルイ・ヴィトンの法則―最強のブランド戦略
__1,36000
ルイ・ヴィトンの法則―最強のブランド戦略 
(ルイヴィトン) LOUIS VUITTON ルイヴィトン バッグ LOUIS VUITTON M41177 モノグラム ネヴァーフルMM トートバッグ[並行輸入品]
__178,00000
(ルイヴィトン) LOUIS VUITTON ルイヴィトン バッグ LOUIS VUITTON M41177 モノグラム ネヴァーフルMM トートバッグ[並行輸入品] 
iPhone 5 5s ケース/モノグラム/ブラウン 手帳タイプ 国内未発売
__7,50000
iPhone 5 5s ケース/モノグラム/ブラウン 手帳タイプ 国内未発売 
null ソドクの目に笑みがうかんだ。 「ヨゴの皇族とちがって、ラウル王子は精力的に領内をとびまわる方ですからな。  まあ、殿下にとっては、よかったでしょう。旅のつかれをいやしてから、王子にむかいあうことができるのですから。」  ソドクの、すこし前をいくヒュウゴは、きびしい表情をうかべていた。その表情をみて、チャグムは気をひきしめた。ラウル王子のかわりに、これから自分をむかえるクールズという宰相はどんな人物なのだろう。その名をきいたときから、ヒュウゴの顔がくもっているところをみると、すくなくともヒュウゴにとっては、あまりこのもしい人物ではなさそうだった。  花が咲きみだれる広い路をぬけると、やがて、広大な庭園にかこまれた城があらわれた。いくつもの塔をもつ、黒光りする石できずかれた巨大な城だった。壷のような曲線をえがく丸屋根は群青にかがやき、金の蔦模様《つたもよう》が屋根の縁をかざっている。  小さな門があらわれ、その門のところで、これまでチャグムを警護していたタルシュ兵が、馬をとめた。この門からはいることができるのは、ハク・ウル〈上級武官〉以上の位をもつものだけだった。  ふかく息をすい、つかのま、まぶたをとじると、チャグムは窓から目をはなした。  小さな門が、きしむこともなくひらき、馬車はまた、うごきはじめた。 [#改ページ]    4 毒蜘蛛《どくぐも》の館  チャグムをのせた馬車は、正面玄関ではなく南棟へとみちびかれ、やがて、チャグムは、ライ・コル〈客ノ館〉の玄関広間にしきつめられた、あわい黄色の厚織布《あつおりぬの》の上におりたった。  めまいがするほどに天井が高い。その天井の一部は半球形の色ガラスでつくられており、赤や青、緑の光が、床にしかれているあわい黄色の布に、複雑な模様を落としていた。  その玄関広間から、まっすぐに広い廊下がのびている。高価なガラス器にはいった無数のあかりが、その廊下を彼方までうかびあがらせていた。  どんな技法でつくられているのか、壁面は磁器のようになめらかで、こまかい模様をえがいた帯が直線的にのび、そのせいで、空間がひろがってみえた。