收藏

クロム・ハーツ財布スーパーコピー編集

 真面目《まじめ》くさってそういうと、小夜子はおとなしくこっくりして、 「中学校の先生も、そういってた。」  といった。 「あんた、その店、やめなさいな。」  妻がいうと、小夜子は不服そうな顔をした。 「やめて、また栃木へ帰るの?」 「帰った方がいいと思うけど、どうしても働きたいっていうなら、姉ちゃんがもっといいとこ、探してあげる。」 「そんならいいけど、栃木へ帰んの、いやだな。」 「どうして? もうすこし、兄《あん》ちゃんの手伝いをしてればいいのに。箒をつくるんだって立派な労働よ。」  すると、小夜子は怪《け》訝《げん》そうな顔をした。 「あれ? 兄《あん》ちゃん、なにもいわなかったんけ?」  よほど意外だったのか、栃木弁が出た。 「なにを?」 「兄《あん》ちゃん、もう箒なんかやってないんせ。いま、自転車屋さんだんな。」 「まあ。」  と妻はのけぞるようにして、私と目をみかわした。 「どうして、そんな……。」 「どうしてだか、あたしはよくわかんないけど……。兄《あん》ちゃんによく訊いてみなよ。」
表示ラベル: