收藏

シャネル長財布人気ランキング編集

(シャネル)CHANEL 長財布 A50097 Y25018 C7502/RED×PINK/SV 財布 ラウンドファスナー ココマーク キルティング マトラッセ レザー レッド×ピンク [並行輸入品]
__151,20000
(シャネル)CHANEL 長財布 A50097 Y25018 C7502/RED×PINK/SV 財布 ラウンドファスナー ココマーク キルティング マトラッセ レザー レッド×ピンク [並行輸入品] 
(シャネル)CHANEL 長財布 A50097 Y25207 10800/CAVIAR OW/SV 財布 ラウンドファスナー レザー キャビアスキン キルティング マトラッセ オフホワイト系 [並行輸入品]
__151,20000
(シャネル)CHANEL 長財布 A50097 Y25207 10800/CAVIAR OW/SV 財布 ラウンドファスナー レザー キャビアスキン キルティング マトラッセ オフホワイト系 [並行輸入品] 
【ノーブランド】秋色 ワンピース レディース バルーン 切り替え ゆったり
__2,260 - 9,80000
【ノーブランド】秋色 ワンピース レディース バルーン 切り替え ゆったり 
(シャネル)CHANEL 長財布 A31509 Y06830 0A419/PATENT PK/SV 二つ折り ココマーク マトラッセ パテント キルティングレザー ピンク [並行輸入品]
__121,77000
(シャネル)CHANEL 長財布 A31509 Y06830 0A419/PATENT PK/SV 二つ折り ココマーク マトラッセ パテント キルティングレザー ピンク [並行輸入品] 
(シャネル)CHANEL 長財布 A31509 25207 10800/CAVIAR OW/SV 財布 二つ折り マトラッセ タイムレスクラシック キルティング キャビアスキン レザー オフホワイト系 [並行輸入品]
__121,77000
(シャネル)CHANEL 長財布 A31509 25207 10800/CAVIAR OW/SV 財布 二つ折り マトラッセ タイムレスクラシック キルティング キャビアスキン レザー オフホワイト系 [並行輸入品] 
(シャネル)CHANEL 長財布 A31509 Y07525 0A057/CAVIAR ROSE/SV 財布 二つ折り ココマーク キルティング マットキャビアレザー ローズ [並行輸入品]
__121,77000
(シャネル)CHANEL 長財布 A31509 Y07525 0A057/CAVIAR ROSE/SV 財布 二つ折り ココマーク キルティング マットキャビアレザー ローズ [並行輸入品] 
「いや、通産省自体はそんなことはしませんが、通産のOBだとか、一種の通産Gメンのようなものがあったとは聞いたことがありますな」  松添自身は策謀好きな人種とはほど遠い性格のようだが、通産省工業技術院のOBだけあって、そういう知識を小耳に挟む機会があったのだろう。 「通産省ですか……」  それでは、たとえ動燃の職員名簿をいくら溯ってみたところで、該当者が出てくるはずはない。  しかし、かりに「あいつ」が通産省筋の人間だったと仮定するにしても、それならなぜ身内である久藤を殺してしまったのか説明がつかない。あの場合、決闘を申し入れてきたのは大島の側なのであって、むしろ、それをもっけの幸いとばかりに、抗議運動のメンバーである大島を消してしまったほうが、どれほど道理に叶《かな》っているか、考えるまでもないことだ。  それを、逆に、久藤を殺して大島を救ったのだから、話はややこしい。そのとき、「あいつ」は「卑怯者《ひきようもの》」と言ったのだそうだが、そんなことが正当な理由になるとは、到底考えられない。何か、久藤を殺す動機があったのかもしれない。  そうだ、ことによると、大島との決闘を利用して、久藤を消したのではないのか——。大島が勝てばそれでよし、もし久藤が勝ちそうになったら、そのときは「卑怯者」呼ばわりをして殺してしまう。  浅見はだんだん「あいつ」が嫌いになってきた。  殺人犯人を嫌いになるのは当然のことには違いないが、好きになれないまでも、彼(または彼女)の心情に共感を覚えることは少なくない。同情というばかりでなく、殺人を犯さなければならなくなった事情が理解できて、「分かる、分かります」と慰めて上げたい気持ちに駆られたりもする。  しかし、今度の事件の「あいつ」のように、知れば知るほど嫌悪感と憎悪がつのってくるケースもあるのだ。  死刑廃止論というのがあるけれど、浅見はどうしてもそれに乗れない部分がある。たとえば、かつて群馬県で起きた連続婦女暴行殺人事件や、ピストルによる連続殺人魔、最近の愛犬家殺人事件などのケースでは、死刑以外にどういう方法で彼を罰することが可能なのだろうかと思う。  たとえ無期懲役刑だとしても、「生きている」ということは、「死んでしまった」ことに対して、比較にならないほど圧倒的な優位性をもつ。彼は手を振り、足を上げて歩くこともできる。本を読み、絵を描き、自由に考えることもできる。おまけに現代の刑務所は昔と違い、「人権擁護」の名のもとに、清潔で規則正しい日常生活が送れるような制度が確立している。これではいったい、死んでしまった者の人権はどう擁護されるというのだろう。  もし生かしながら完全に罪の償いをさせるとしたら、「死ぬほど」の苦役を生きているかぎりつづけさせるしかない。しかし、そんなことは死刑以上に残酷な刑罰である。むしろ死なせてやることのほうが、はるかに人道的といえるのではないだろうか。  死刑廃止論の一つの論拠は、冤罪《えんざい》によって刑が執行される危険性のあることを挙げている。これなどは本来、次元の異なる問題で、議論の対象にはならないものだ。冤罪を防ぐには「疑わしきを罰せず」を履行することなのである。少しでも疑わしい部分があるケースでは、絶対に死刑の宣告をしてはならないと定めておけば、取り返しのつかないミスは生じないはずだ。  もし「あいつ」の正体を暴き出したら——と、浅見は思い、思いながら、「あいつ」を正当に罰することができないのではないかという不安に駆られる。  これまでの過程で、「あいつ」の犯行を立証するに足る、決定的な証拠はまったくないに等しい。憎むべき凶行を、いとも無造作に行って、しかも痕跡《こんせき》を残さない。冷酷で狡猾《こうかつ》で、まさに「姿なき殺人者」と呼ぶにふさわしい。  松添老人のところから帰って、丸三日間、浅見は事件の謎《なぞ》を解明することよりも、「あいつ」の処罰の方法を思い巡らすことに知恵の限りを尽くし、エネルギーを注ぎ込んでいた。
表示ラベル: